腰痛には出張マッサージ

お客様から予約のお電話で特に多いのが、腰が辛い・腰痛で苦しい、というものです。

なので上手なセラピストを派遣して欲しい、とか、強圧で押せるセラピストを派遣して欲しい、とご要望を頂きます。

当店は技術力が高く知識豊富なセラピストしか在籍しておりませんのでその点はどうぞご安心くださいませ(*^^*)

で、腰痛を緩和させるにはどうしたら良いのでしょうか?

腰は上半身と下半身をつなぐ身体の中心部分で、腰部の筋肉の形も特殊な形で出来ており負担がかかりやすいのです。

特に腰痛に関係するのは、腸腰筋。腸腰筋と一口に言っても一つの筋肉ではなく、大腰筋と腸骨筋を合わせて腸腰筋と呼びます。

大腰筋は腰椎から、腸骨筋は腸骨稜から、それぞれ足の骨・大腿骨の小転子に向かって行き、途中で一緒の筋肉となります。そのため腸腰筋とまとめて呼ぶのです。

大腰筋は深部のため直接揉むことは出来ませんが、比較的浅層の腸骨筋をほぐすことで、間接的に大腰筋をほぐすことが可能です。

腸腰筋のストレッチも腰痛には有効です。筋肉は伸縮することで血流がUPし栄養を隅々までいきわたるのです。

腸腰筋は大腿部を後方に動かすこと(股関節の伸展)でストレッチできます。

なかなか自分ひとりでストレッチをするのは面倒だったり、やり方を間違えるとかえって硬縮してしまったりするので、プロの出張セラピストに任せて頂ければ安心ですね。

坐骨神経痛には梨状筋

腰痛というと、坐骨神経痛という言葉がパっと頭に浮かびます。

お客様でも坐骨神経痛だという方が沢山いらっしゃいます。

坐骨神経痛にはお尻の筋肉の中でも梨状筋をほぐすことが大事になります。

坐骨神経痛は梨状筋の過緊張が引き起こしているからです。

梨状筋はお尻のちょうど真ん中くらいにあるので、自分でほぐすことは難しく、やはり梨状筋の緩解も出張セラピストにお任せください。

坐骨神経痛が進んでしまうと脚の後面全体に痺れが出てきたり、ひどくなると足裏まで痛みが出てきます。

そうなる前に出張マッサージで筋肉を緩解し、ケアしましょう!

辛い症状を未然に防ぐことがリラクゼーションの目的です。

骨盤調整でぎっくり腰を防ごう

腰痛をほったらかしにしていると、ある日突然ぎっくり腰になることがあります。

ぎっくり腰になったことがある人ならわかりますが、ぎっくり腰は本当に動けません(>_<)

立っているのも、座っているのも、寝ているのも、全て辛い、どうすることもできない辛い状態です。

そして、これもなったことがある人は皆言うのですが、一度ぎっくり腰になると、癖になってまたすぐにぎっくり腰になりやすい、ということです。

最初に書いたとおり、身体の真ん中で様々な負荷を負っている腰、その腰の中心の骨盤や腰椎といった骨は柔軟に動くために歪みやすい部分です。

この歪みが筋肉を過緊張させてしまう一因でもあり、ぎっくり腰へ導いてしまいます。

当店では骨格調整が得意なセラピストが多く在籍しており、骨盤の歪みも理論から実践までしっかり出来る知識と技術を持っています。

出張マッサージでリラクゼーションと同時に骨盤調整も行い、将来のぎっくり腰に備えましょう(*^^*)

 

【東京出張マッサージ】

出張スパ東京

080-6842-1463

東京都新宿区新宿5丁目17−6 新宿三光町ハイム503

トップページはこちら

カテゴリー: お知らせブログ