アロマテラピー利用法【東京の出張マッサージ】

古代よりミイラの製造や薬として使用されてきた植物の香りですが、現代でも様々な利用法があります。

 

★芳香浴法

ルームスプレイ・アロマポットなどを使って精油の香りを拡散させ楽しむ方法。

◇エアーフレッシュナー:無水エタノール1、精製水9、精油1%程度

無水エタノールの精油を加え、精製水を入れて混ぜます。

ex)無水エタノール10ml、精製水90ml、精油20滴

 

★沐浴法

浴槽に精油を入れ、全身浴や部分浴などで湯気とともにあがる香りを楽しむ方法。半身浴で1滴~3滴程度。精油はお湯に溶けないので直接精油が身体にふれると刺激が強すぎる場合があるので注意。

 

★吸入法

精油をハンカチに含ませたり、お湯に入れて蒸気吸入などで精油の成分を積極的に吸う方法。

 

★ハウスキーピング

拭き掃除や選択などに精油を利用する方法。

 

★トリートメント法

植物油で精油を希釈しマッサージする方法。希釈する植物油はベースオイル、キャリアオイルと呼ばれます。

トップページへ戻る

カテゴリー: ブログ