東京の出張マッサージ【出張セラピストの資質】

出張マッサージとは、お客様のご自宅や宿泊先のホテルへセラピストがお伺いしリラクゼーションを行うサービスです。

御用聞きサービスの中でも、お部屋、それも特にプライベートな空間に初めてお会いするセラピストが入って60分以上サービスを行いますので、お客様は「どのようなセラピストが来るのか」、出張マッサージを利用するにあたり気にするところはそれに尽きるかと思います。

 

出張マッサージはサロン以外でサロンを作る

 

店舗型のリラクゼーションは各店舗のカラーや雰囲気があって、音楽だったり照明だったり店舗が作る空間にセラピストもお客様も身を委ね、その中でリラクゼーションを行うことでリラクゼーション効果もUPするかもしれません。何故なら、リラクゼーションは手技だけではなく、耳や目からの情報が脳に伝わり、心地よさを感じることで脳からリラックスせよと指令が出て身体全体に影響があります。

出張マッサージでは、お客様のプライベートな空間で施術を行います。施術ルームではなく、お客様が生活するお部屋、ホテルでしたらさっきまで仕事をして疲れて帰ってきたお部屋であり、自分のお部屋であって自分のお部屋ではありません。出張セラピストはこのような生活の場所を一瞬でリラクゼーションルームに変える力を持っていなければなりません。施術が上手いのは当たり前のことで、空間を自在に操る力が出張セラピストの人気を左右します。

出張マッサージ 東京

 

出張セラピストは細かい気づかいが大事

 

一瞬でお客様のお部屋をリラクゼーションルームに変えるとは、どのようなことでしょうか。それは、出張セラピストは自分の一挙手一投足、お客様の一挙手一投足、部屋の明るさ、BGM、施術場所の作り方(特にお顔周り)全てに気を配らなければ実現できません。「サロン・自分」をお客様のお部屋で作る必要があります。全てに気を配ってなおかつお客様への対応も「サロン・自分」を徹底して行う必要があります。言葉使い、声の大きさ、声のトーンなどたかだか発声ひとつとっても空間を操るために考えることはたくさんあり、たくさんの選択肢の中から「サロン・自分」に最も相応しいものを選び、それを最後まで徹底して行います。お客様のお身体の辛い部分などの聞き取りや施術中のお声がけも発声によって、お客様からの信頼を得られるかどうか変わってきます。信頼を得られるかどうかで施術の効果は変わります。実際は発声だけではなくタオルの所作やお身体への触れ方、お部屋での施術道具の扱い方、等々、本当に全てのことに「考えて最良を選ぶ」の連続です。

出張セラピストはお客様のお部屋をノックする前から髪の毛1本1本から足のつま先ひとつひとつに神経を張り巡らせていなければいけません。かといって、それが緊張感を生んでしまってはお客様はリラックスできませんので先に述べた「最も相応しいもの」で自分が作ったリラクゼーションルーム「サロン・自分」をお客様のお部屋を出るまで持続させます。

このように文字に起こすと「そんなこと?ばかばかしい」と思うかもしれませんが、空間を支配する力、空間を操る力を持っているセラピストが指名の多いセラピストであり、そういうセラピストは施術も「サロン・自分」のひとつですので、細部まで考えて取捨選択して最良を行いますし、お客様のご要望にお応えする力を持っています。

トップページへ戻る

カテゴリー: ブログ