四十肩予備軍ですが【東京の出張マッサージ】

四十肩とは

肩をあげると痛い、痛くて肩があがらない。。。

など「四十肩かも!」と思うことがあります。

なかには「五十肩かも!」と思う方もいるかもしれません。

「四十肩」と「五十肩」の違いは何でしょうか?

違いは、四十代になるか、五十代になるか、です。

肩甲上腕関節(肩関節)に関わる筋肉の硬縮から起こります。

首肩まわりの筋肉は多くが上腕骨(腕の骨)まで伸びて腕の運動に関わりますので、

首肩の筋肉のコリによって神経を圧迫したり筋肉や腱が炎症したりすると

腕をあげるときに痛みが出ます。

 

年明けから左肩に痛みが(>_<)

 

2019年になり、年始の営業はありがたいことにとっても忙しかったのですが、

今朝から左肩に痛みが出ました。

腕があがらないほどではないのですが、腕をあげたり、荷物を持つときに

肩関節の前の部分がピリッと痛みます。

四十肩予備軍になりました。

 

60分まるまる首肩の施療

きっと、これを放っておくと、腕があげられなくなりそうなので、

整体が得意な高倉セラピストに60分まるまる四十肩の施術をお願いしました!

本当なら背中や足もほぐして欲しいとことろですが、

ひとまず60分首肩だけを集中して施療して、予備軍状態を緩和させようということです。

丁寧に菱形筋、上部僧帽筋、棘上筋、棘下筋、肩甲挙筋、胸鎖乳突筋、斜角筋、三角巾などなど

首肩の様々な筋肉をほぐしてもらったり、肩甲骨のストレッチ、肩関節のストレッチ、

首のストレッチなど入れて施術をしてもらい、

終わったあとにはすっかり痛みはとれて快適です。

60分程度辛い部分だけを集中施療するのはおすすめですよ。

 

 

トップページへ戻る

カテゴリー: ブログ